芸能・話題のネタ探し

芸能、テレビネットで話題、アイドル、俳優、生活情報。今日の気になるをなんでも更新!

*

清水アナの妻が他界…乳がんだと出産できないの?妊婦だって治療&出産できる今の医療!

   

6a33214a

関西の夕方の顔、読売テレビ「ten」のメインキャスター清水健アナの奥さんが乳がんで亡くなりました。
29歳の若さでなくなったそうです。

清水アナは葬儀で「いいママだったよ」と去年10月に生まれたばかりの長男を抱きながら涙をながしました。まだ生後3か月前後ですよね。つらいニュースです。ニュースの文面読んだだけで私は泣けてきてしまいました…

いつ、乳がんが判明したのかは分かりませんが、おそらく妊婦健診の時ではないかとネットでは言われています。。

 

29歳、こんなに早く他界してしまった奥さんの奈緒さんですが…乳がんってそんな急に亡くなってしまうものなのでしょうか。

妊婦健診で判明したとすれば1年もたたずに亡くなったということですよね。


スポンサードリンク

乳がんだと出産できないというイメージは古かった!

ドラマで乳がんの人が赤ちゃんを諦めなければならない、もしくは自分を犠牲にして出産をする…という選択に迫られるシーンがあります。母体か胎児か、どちらか一方しか選ぶことができない、そういうイメージって強くあると思います。

 

けれど、今の乳がん治療、変わってきているんです。

昔はどちらか一方、というのが普通でしたが今は妊娠経過を見守りながら治療をしていくというケースが多いみたいです。

 

赤ちゃんを断念しなくても乳がんは治療できるんですね!出産すると死のリスクがあるのかと思いましたが、そういうわけではないようです。

 

ただ、全身あちこちに広がっていたりすると中絶もやむおえない場合もあるようけどね。

 

確かに満足な治療はできません。が、治療できるものから行っていきます。

 

抗がん剤→妊娠中でも使えるものもある○

ホルモン療法、放射線治療→妊娠中はできない×

手術→安定期以降に可能○

 

抗がん剤に関しては危険ではありませんが、産後に行うのが適切と判断する病院もあるため、先生によるみたいですね。

ですが、乳房の手術はできます!

麻酔薬の影響(流産など)があるため安定期に入ってから手術はするようです。

一般的には手術を行い、経過観察、産後に本格的治療…と移行していきます。

 

ただ、産後に治療するにしても授乳は断念せねばなりません。授乳中に使える薬もありませんし、なによりホルモン療法もできなくなりますからね。

そこは完全ミルクになります。


スポンサードリンク

産後に亡くなるケースってある?

出産したから亡くなるというわけではありません。

しかし、清水アナの奥さんの場合はどうなのでしょう…?

産後、あまりにも早い29歳での他界、がんの進行が進んでいたのかもしれません。そのため、出産はできたけれど母体は耐えきれなかったのでしょうか。

あくまでも乳がんで出産して死ぬということはないとされています。

 

早期がんなら妊娠中でも治療して治せるものなのです。

 

なにはともあれ早期発見ですよね。

出産がまだという人ほど乳がん率は高いです。20歳をこえればなる可能性は誰にでもあります。

・出産歴がない、初産が30歳以上
・初潮11歳以下、閉経が55歳以上
・家族の中で乳がんにかかったことがある人がいる
・閉経後、肥満の人
・ホルモン補助療法、経口避妊薬を長期使用している
・アルコールを多く摂取している

当てはまる方は一度検診にいってみては?

乳がんの発見には定期健診がいちばんです!日本人の乳がんの高さは検診に行かない人が多いためです。

産後でもかかる人もいます。恥ずかしがらず、一度受診してみるのが女性のつとめかもしれません。市によっては助成してくれるところもありますし、調べてみてもいいかもしれませんね。

 - アナウンサー

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

  関連記事

6g6bkioh0g0011
西尾由佳理37歳で出産!高齢出産、リスクは?復帰難しい?

最近みないな~と思っていたら産休だったんですね! 西尾由佳理 誕生日 1977年 …